生命保険 比較の前に誰が受け取るべきか考えておこう

生命保険 比較の前に誰が受け取るべきか考えておこう

生命保険 比較の前に誰が受け取るべきか考えておこう 生命保険 比較をする際には、いろいろな情報があり迷ってしまうことが多いと思います。
そこでまず考えておきたいのは「自分にはどんなタイプの保険が合うのか」ということ。それを知らずに保険のセールスマンの言いなりになってはいけません。

一番考えて欲しいことは「誰がお金を受け取るか」ということです。
生命保険は文字通り、亡くなったら遺族に保険金が渡されます。
しかし最近では、ガンや重い病気・介護状態になった際に自分自身で受け取る事のできるタイプの保険もたくさん出ています。

もしあなたが死んでしまって、金銭的に困る家族がいるのならば「大きな保険金額の生命保険」を選びましょう。
お子さんや、大切な家族が路頭に迷わないような準備が必要です。逆にあなたが独身だったり、誰かにお金を残す必要が無いのであれば、生命保険ではなく「生存保険」と呼ばれる自分自身で保険金が受け取れるタイプを選んでおきましょう。

特に、もし仕事ができなくなってしまった際に頼る人がいない場合には保険は必要です。
保険金は治療費だけではなく、生活費の補てんにもなるからです。生命保険 比較は面倒で大変です。
しかし自分のライフスタイルに合った保険に入らないと、いざという時に使えない可能性もありますよね。いろいろな商品を比較し、良い商品を見つけるようにしましょう。

〔トピックス〕